ニュースリリース

一覧へ戻る

ラオス南部の都市パクセでE-TukTukの試験走行を開始

カテゴリー:


2016年10月14日

株式会社プロッツァ



ラオス南部の都市パクセでE-TukTukの試験走行を開始



株式会社プロッツァ(本社:愛知県一宮市、代表取締役社長:廣瀬 徳蔵)は、電動三輪車の新型プロトタイプモデルを開発し、ラオス南部の都市パクセで走行試験を開始しました。現在、パクセ市民の足となっているトゥクトゥクやサムロー等の三輪ガソリン車に代わり、環境にやさしい「E-TukTuk」として普及していくことが、現地から期待されています。


新型モデルは、乗客タイプ・乗客&貨物タイプ・貨物タイプの3タイプあり、各2台ずつ合計6台が導入されました。これらの車両は同じプラットフォームで開発されており、用途に合わせてシートレイアウトを選択することができます。また新型モデルは従来の車両よりも小型軽量化されており、狭い路地の走行や小人数での利用に適した設計となっています。この新型の「E-TukTuk」の開発事業は、環境省による「途上国向け低炭素技術イノベーション創出事業」の補助金を受けて推進されており、同事業は電動三輪車の普及を通じてラオス国の二酸化炭素の削減を図っていくことを目的としています。


今回、現地で実施する走行試験では、現地風土への適応性、走行距離、充電頻度、バッテリーの使用状況等を調査します。また、ドライバーや乗客にヒアリングを実施し、量産移行に向けた最終改良の情報収集を行います。


新型モデルのE-TukTuk (乗客タイプ)


                

  E-TukTuk(操作パネル)                            E-TukTuk(乗客タイプの客席)


                

  E-TukTuk(貨物タイプ)                             E-TukTuk(貨物タイプの荷台)


                

パクセ市街を走行するE-TukTuk                        E-TukTukによる空港への送迎


                

   DPWTへのハンドオーバーセレモニー                    トゥクトゥク協会でのドライバーへの研修




■ラオスの電動三輪車普及に向けた取り組み

ラオスでは、電力の90%以上が豊富な水力発電で産み出されており、また反対に石油輸入が貿易赤字の多くを占めている背景から、石油エネルギーからの転換を推進しています。2015年には、JICAによる普及実証事業を通じて、14台のプロッツァ製電動三輪車が世界遺産都市ルアンパバーンに導入されました。

パクセは、サワンナケートと並ぶラオス第二の規模を誇る都市で、また周辺の寺院には多くの海外観光客が訪れています。現在、「サムロー」と呼ばれるサイドカー型の三輪車、「トゥクトゥク」と呼ばれる前1輪・後2輪型の三輪車が市民や観光客の足として活躍していますが、よりクリーンで安全な車両を求めるニーズが高まっています。

 2017年3月には、首都ビエンチャンで「Environmentally Sustainable Transport (EST) Forum in Asia」の開催が予定されており、ラオスが国を挙げてEV普及を目指していく姿勢を打ち出しています。



【関連URL】

■プロッツァWebサイト

http://www.prozza.com

■プロッツァFacebook

https://www.facebook.com/ProzzaCorporation



【会社概要】

商号   :株式会社プロッツァ(Prozza Co.,Ltd.)

所在地  :〒491-0083 愛知県一宮市丹羽字大森25番地1

代表者  :代表取締役社長 廣瀨 德藏

設立   :2005年10月

資本金  :3,000万円


2013年5月、株式会社プロスタッフ(カー用品メーカー)のEV事業部が独立し分社化。日本国内の電動バイク市場を創生したパイオニア企業であり、近年においては東南アジア市場の電動三輪事業に取り組み、フィリピン・セブ島に量産工場を設立しました。バッテリーにおける充電時間や充電スペースの課題の解決を図るべく、脱着可能なリチウムイオンバッテリーとバッテリー交換ステーションの普及を推進し、現地のニーズに適応した車両の開発と普及に努めています。プロッツァは、EV事業を通じて、地球と人に優しいのりもの社会を実現していきます。



  • 一覧へ戻る

おすすめコンテンツ