マン島TT ZERO PROJECT

一覧へ戻る

2011年06月

英国TTXGPに緊急参戦、プレスリリース発表

カテゴリー:

 
【当社ニュースリリースより引用】


株式会社プロスタッフ(本社:愛知県一宮市、代表取締役社長:廣瀬 徳藏)のレーシングチーム「Team Prozza(チームプロッツァ)」は、マン島TT Zeroへの参戦に続き、 6月18日から6月19日にかけて英国シルバーストンサーキットで開催される電動バイクレース「TTXGP・英国ラウンド」に、電動バイク「Prozza TT零-11」で日本から初参戦することを発表します。

マン島TT Zeroにおいて、チームプロッツァは完走5位入賞の成績を収めました。この順位はチームが全力を尽くした結果であり、初挑戦という舞台でのこの成績は、未来の扉が大きく開いたことを意味するものと確信しています。今後、チームプロッツァは夢の実現に向け、さらなる進化を続けていく決意を表明します。

そしてこの度、チームプロッツァのチャレンジ精神に共感したTTXGP主催者から、「苦境にある日本の中で頑張っているチームを、世界中に見てもらいたい。」という要請を受け、チームプロッツァはこれに応えるべく緊急参戦を決めました。TTXGPは、欧米で開催されている電動バイクのレースシリーズで、マン島TT Zeroが歴史ある公道レースで行われるのとは対象に、近代的なクローズドサーキットで行われており、特に英国シルバーストンサーキットは最高速が出やすいサーキットとして知られています。当社は、このレースへの参戦を通じ、マン島TT Zeroとは異なる実走行データを得ることができます。

今回のレーサーは、当社の社員ライダーで国際ライセンスの資格を持つ岸本ヨシヒロです。チームプロッツァは、再び日本企業チームによる日本製マシンに日本人ライダーが乗る和製チームとして、表彰台を目指して挑戦します。

■TTXGPについて
世界初の電動バイク公式レースのシリーズ選として開催され、今年で3年目を迎える。北米(年4戦)、欧州(年6戦)、豪州(年4戦)の各地区ごとにシリーズ選がおこなわれ、年度末には総合チャンピオンシリーズが予定されている。英国ラウンドはシルバーストンサーキットで行なわれ、約34.3km(1周2.64kmを13周)を走る。

■電動バイクレースマシン「Prozza TT零-11」スペック
・パワーユニット:直流モーター
・バッテリー:電圧92.5V
・装備重量:178.5kg
・車体重量バランス:前54%/後46%
・最高速:約220km/h(ダイナモ試験・無風)

■レーサー:岸本ヨシヒロ プロフィール
株式会社プロスタッフの社員ライダーで、マン島TTZeroプロジェクトの中心的メンバー。チームマネージャー 兼 開発ライダーを務める。国際ライセンス・MFJ公認インストラクター資格を保有。1972年生まれ、大阪府出身。
<おもな戦績>2007年東日本エリア ST600クラス総合チャンピオン(9戦中、1-3位6回、うち優勝3回)うち優勝3回)、2010年ニュージーランド cemetery circuit NZ-F3クラス 公道レース(6位入賞/2回)、他多数。

■「Team Prozzaマン島TT Zero project」特設Webサイト
http://prozza.com/ttzero/

一覧へ戻る

おすすめコンテンツ